わださんちの育児メモ

0歳の息子、旦那の両親同居中★

《妊娠39w4d》出産当日

もう少しで、父となった旦那さんが青森へやってきます!

初めての対面、子ども大好きな旦那さんはどんなに喜ぶのか楽しみです^^

 

 

出産レポート続きです 

sengyo-shufu-blog.hatenadiary.com

 

sengyo-shufu-blog.hatenadiary.com

 

 

 

 

1月5日 0時 〜

 

お産の間、痛みに耐えるのに何度も目を閉じそうになったのですが、

その度に看護師さんに「目を開けて!」と、言われました。

 

目を閉じたまま出産すると、目の周りの毛細血管が切れて産後に影響するのだそうです。顔の毛細血管が切れたり、、

 

目を開けとくことが結構大変で、天井にあるスプリンクラーがなにかをずっと見つめていました。

それと同時に、壁掛け時計を見る余裕はなぜかあったので時間も気にしながらお産に望んでいました。

 

 

お産、佳境にはいる

引き続き、陣痛に合わせて腹式呼吸をとにかくしました。

 

時間を、重ねるごとに痛い中でも腹式呼吸をするコツがつかめてきて

早く出したい気持ちで、がむしゃらにやりました。

もう痛いとか飛び越えて、早く終わらせたい!!!

 

 

そして、赤ちゃんがでてきそな時に

助産師さんがちょっと慌てて

「いきまないで!腹式呼吸だよ!」 と言われ  

 

「え?わたし今いきんじゃってるの?! 赤ちゃんがせっかくでてきたのに引っ込んじゃう!」

と、焦ってしまいました。

腹式呼吸してるのか、いきんでるのか、もうごっちゃごちゃに。。

 

腹式呼吸しなきゃ!ふーふーと、ちょっとパニクってるうちに、

息子が誕生!!!

 

わたしとしては、

「やばい!赤ちゃんがひっこんじゃう!」と焦っていたのに、いつのまにか生まれていたので、なんだか拍子抜け笑 

出てきた感じとか全く分からなかったのです。

 

しかし、その気持ちは一瞬で、その後すぐに無事に産まれたことと、お産が済んだことにほっとして、号泣してしまいました。

 

まさに妊娠中に見た夢の通りです。

sengyo-shufu-blog.hatenadiary.com

 

赤ちゃんとの初対面は一瞬で、看護師さんがわたしの胸にちょっとだけ置いてから

すぐに連れていかれました~!なので写真もとれませんでした。まぁいいけど…

 

分娩台に乗ってからは約1時間45分ほどで産まれたので、すぐ終わったぜ~!という感想です。

 

 

お産は終わっても、これからがまた痛かった。。。

 

 

続く。