読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎で子育て、同居生活

0歳の息子、旦那の両親同居中★

《プチプチ旅行》東北エモーションでお食事♪

思ったこと 食べ物

東北エモーション続き!

sengyo-shufu-blog.hatenadiary.com

 

八戸から久慈の往路は、ランチコース

久慈から八戸の復路は、デザートビュッフェ

 

わたしたちは、往路のランチコースのみにしました。

 

デザートビュッフェも食べたかったけど、究極に甘いものを欲している妊婦には危険すぎるし、60歳すぎの両親にはちょっとキツイのでやめました。

  

東北エモーションでの料理

東北エモーションでは、ず~っと同じメニューではなく

年2回担当シェフが変わり、メニュー内容は年4回かわるのだそうです。

 

2016年10月~12月の間のメニューを頂きました!

  

前菜

ウェルカムドリンクのノンアルコールのアップルスパークリングから始まり、、

前菜はこちら!

 

f:id:kaopippi:20161206211046j:plain

上にあるのは、お野菜の煮こごりとお隣には焼きリンゴ。

 

四角入れ物には、左から

・鮪赤身ぬた和え

・ラフランス白和え

・牛蒡のすり流し 牡蠣ソテー

ホタテフライ

 

東北でとれたものを使用しているかはわかりませんが、

ちゃんとみたら東北でよくとれる食材を使っていますね!

 

牡蠣は念のため母にあげました(>_<)

 

見えにくいけど、真ん中に橙色の食用ほうずきがあります。

あまずっぱくて、おいしかったです!

 

器にもこだわっていて、こちらは福島の会津を使っているそうです。

 

ちなみにランチョマットもかわいい!

右上に見えるのは八戸の郷土芸能であるえんぶりです。

 

ごはん

f:id:kaopippi:20161206212458j:plain

左はアワビとウニのいちご飯軍艦巻き、右はいくらごはん。

 

 

アワビとウニのいちご飯ってどういうこと?!イチゴ?!と思うかもしれませんが、

八戸の郷土料理には、いちご煮と言うなんとも贅沢なお料理があるのです!

f:id:kaopippi:20161206212942j:plain

アワビとウニがふんだんに入ったお吸い物!それがいちご煮

いちご煮の由来は、ウニが野イチゴのように見えたからだそうです。

 

 

わたしは八戸生まれですが、食べた覚えがあるのは姉の結婚式くらいでしょうか?

伝統的な料理ですが、普段食べれるものじゃない~!実家、山側でもあるし。。。

 

お取り寄せもできます。

 

 

ということで、いちご煮軍艦巻きになっちゃった!ということです。

とっても贅沢でおいしかった~^^

 

こちらのうつわは、秋田の大館曲げわっぱです。

 

メイン料理 

 

f:id:kaopippi:20161206213617j:plain

メインは

青森和牛のローストビーフ 白菜とすき昆布のゆずこしょう風味 でした!

お肉はやわらかいし、とーってもおいしかったです!!!

器は岩手の小久慈焼きです。

 

うえに散らばっている黄色いものは、食用菊

そういえば、他の県では菊はたべないのかな?酢の物やお味噌汁にいれたりして

頂きます。

八戸の市民の花となっている菊だけあって、菊まつりなど開催され身近な花です。

 

 

途中で迎えてくれる地元のかた

ふと窓を見ると、東北エモーションを迎えてくれる方々の姿を見ることができます!

f:id:kaopippi:20161206214318j:plain

うれしいですよね!

この方達だけでなく、たまたま散歩で通りかかった女性や、釣りに来ていた人など

みーんな手を振ってくれます!!

 

お楽しみのデザート

 

f:id:kaopippi:20161206214712j:plain

お楽しみのデザートはこんな感じ♪

 

左上が、アミエビアーモンドクッキー

左下が、求肥

真ん中が、白いマカロン

右が、あんチョコ玉

 

あんちょこ玉がお気に入り~だって、あんこがチョコに包まれていたのですから!

久しぶりに甘々なの食べました!ハッピー♪

 

器は、福島の会津です。

 

お料理は以上でしたが、飲み物メニューも豊富で

ビール、ワインなどのアルコールから、リンゴジュース、コーヒー紅茶など

飲み放題でした。

 

最後におみやげ♪

最後に個室で予約した人だけのお土産を頂きました!

f:id:kaopippi:20161206215214j:plain

超しっとりとしたチョコのクッキー!

わたし好みの食べ物だわ…しっとり系。。。

 

南部せんべいで有名な巌手(いわて)屋さんのものです。

 

 

 

感想

どれもこれもおいしかった!!!

量も少なすぎず、多すぎずで体重が気になる私でも丁度でした!

できることなら、アルコールのりんごの発泡酒飲みたかったぁ~。

復路のデザートビュッフェも食べたかった~が仕方がない★

とっても満足な料理でした!

 

器も東北の伝統的なもので、なかなか触れる機会もないので

それも込みで楽しめたのでよかったです。

 

もう1回くらい東北エモーション日記続きます~。