読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎で子育て、同居生活

0歳の息子、旦那の両親同居中★

《田舎暮らし》 田舎に暮らしてよかったこと、とりあえず4つ

田舎へ引っ越してきて1週間経ちました~。

 

体重増加しながらも、同居生活もなんとかうまくいってます^m^

 

田舎に住むのも、都会に住むのも、あいだくらいの都市に住むのもいいことも悪いこともありますが、

今日はここ1週間で「田舎のここがいい!」と思ったいう点をまとめたいと思います~★

 

①涼しい

 

毎日暑い日が続きますが、

わたしが住んでいる田舎は、風があってまだ涼しい~。

 

家の中にいたら、風がびゅんびゅん入ってくるので、

クーラーつけなくてもいいくらいに涼しいです!

(まぁお昼寝してたら、多少汗ばんでたけど…)

以前住んでいたところは、コンクリートが多いせいかとっても暑かったんでね。

比べると全く違います!!!

 

②待たなくてもすぐ手続きが出来る

 

他の大きい役所だと、整理番号を発券して、長いこと待たされたり、あっちこっち行かされたりするのですが、

このまえ転入届を出しに役場へ行った際、他に役場を利用している方がいませんでした!笑

なので、すぐに手続きできたし、あっちこっち行かなくても、一か所ですべてが済みましたよ。

 

③子育て制度が手厚い

 

若い夫婦が離れていく田舎。

なので、妊娠中の私たちが引っ越ししてきたことにとても歓迎されました!(保健師さんに)

 

やはり、子育て世代を田舎に取り込むために、子育て制度を手厚くしているようで、

妊娠中、子育て中に使うような用品のレンタルや、高校卒業までの医療費無料など、

となりの市にはない支援がいくつかありました!

(わたしの旦那さんが小さい頃はまだ子供はいたほうみたいなので、医療費無料ではなかったみたい。。)

妊婦さんのための体操とかする集まりはあんまりないけどね。

 

④花火がゆっくり見れる 

 

今日の出来事なんだけど、、、今日は花火大会でした!

 

隣町も花火大会があって、ここより大きい花火大会で、屋台もあって人が多い。

場所取りしないと見れないし、駐車場の確保やら、帰りが遅くなるやらで、結構行くには覚悟が必要。

 

でもわたしが住んでいるところは、マイナーな花火大会。

各地から人も来ないので、道もそんなに混まない。(わたしたちは歩いて行ったけど)

 

花火の内容も、隣町とそこまで大差なかったと思うので、他のことを考えずに花火を楽しめたのでよかったです^^

 

まぁ、人ごみや屋台とかで、夏を楽しむ人もいるからね。

 

 

⑤星がきれい

 

わたしが旦那さんと付き合っている頃。

初めてこの実家を訪れた時、夜空を見上げるとすごい星がきれいで感動したの!

でもその時旦那さんは、「ふーん」って感じだった。見慣れてそれが普通だったから。

 

で、旦那さんからしたら数年ぶりに住む実家。

今日は旦那さんが「星がきれい!!!」って感動してた笑

 

わたしは実は以前、もっときれいな星空を見てしまったので(自慢)

今はそこまで感動しなかったけど、星空ってなんかずっと見てしまう。

癒される♡

 

 

今のところはそんなところかな~??これからももっと探していきます(^^)/